2017 / 05
 
65 / 1027 ←次へ | 前へ→

エンジン回転数の変な動きとO2電圧について
 あかせぶん E-MAIL  - 22/3/9(水) 14:56 -

引用なし
パスワード
   こんにちは、
当方、マツダスピードマフラー、以外すべて純正の4型のFD3Sに乗っている者です。
以前<21/9/19(日) 11:02    FD3S信号待ちからの発進時ガクガク>にて、ご相談させて頂いた者です)
その後、アドバイス頂いたフロント集中アースをバッテリーに直結したりと色々試して改めて下記の様な症状についてご相談させて下さい。

【昼間、エアコン停止、ヘッドライト未点灯での3速2500rpm巡行速度からの赤信号で車を停車するシチュエーション】で、
・3速2500rpm巡行からアクセルを抜き、
 惰性走行2500rpmからエンジン回転が通常通り降下を開始。
・1500rpm位でクラッチを切ると、さらに下がるが1000rpm当たりで引っかかる。
・その後完全停止後回転がゆっくり下がり720rpm程度で落ち着く。

また、試しに同じシチュエーションでぎりぎりまで回転を落としてクラッチを切ると以下の様なエンジン回転数の動きをします。
・3速2500rpm巡行からアクセルを抜き、
 惰性走行2500rpmからエンジン回転が通常通り降下を開始。
・エンストに気を付けながら500〜600rpmになった時にクラッチを切り完全停車。
・クラッチを切った後、一度900rpm位まで回転が上がり、
 その後720rpmまで下がりアイドリングを普通に行う。

(アイドリング、走行フィーリングはまったくの正常です)
(停車中からの発車時にグっと動き出すタイミングで、一瞬の燃料カットの様な症状は今だ偶に発生しますが、、、。)

また、最近気づいたO2センサ電圧についてですが、
・1速で発車し車がグっと動き出す時にO2センサー電圧が
 1Vを超えて、MAX1.25V〜ひどい時は1.4Vを示し、
 その後1V以下の値になる。
・毎回必ず、2速3000rpm以上の回転数でO2センサーの電圧が
 1.0Vを超えて、回転上昇に伴いO2電圧が上がり、
 約4000rpmの時には1.45V位の電圧を示す。
(1,3速では3000rpm以上でもO2電圧は0.1〜1.0V以下の値を示す。)
この事はエンジン回転数の変な動きと何かしら関係が有りそうでしょうか?

非常に長文、乱筆で申し訳御座いません。以前はタコメータがこんな動きは無かったもので、、、。何か、ご経験が御座いましたら、是非ともアドバイスを頂けないでしょうか?何卒、宜しくお願い致します。

ちなみに車両の状態は以下の通りです。
・ダイアグを確認しエラー無し。
・スロットルポジションセンサ電圧もナロー・フル全閉、全開のすべて範囲内。
2021.12月 51,900km
 スロットルセンサーをマツダ純正新型スロセンに交換
 スロットルボディ素人が見様見真似で洗浄した
 (スロットルコートも塗りなおした。)
 ISCV新品交換
2021.10月 51,600km
 フロント集中アースをバッテリー直結ライン増設
 (抵抗0Ωを確認しました。)
2021.9月 51,500km(温間再始動時の約10秒間ほどラフアイドル有)
2020.5月 50,700km
 圧縮測定(特に問題無し)
2018.5月 49,000km
 プラグ、プラグコードは純正新品を入れた。
2017.1月 47,400km
 ACV新品交換
 純正エアフィルタ新品交換
2015.3月 46,000km 
 IGコイル、インジェクタ、スロポジ、水温、ノック、吸気温、O2センサ新品交換

124 hits

エンジン回転数の変な動きとO2電圧について あかせぶん 22/3/9(水) 14:56
Re:エンジン回転数の変な動きとO2電圧について キンタロ 22/3/13(日) 14:08
Re:エンジン回転数の変な動きとO2電圧について あかせぶん 22/3/14(月) 12:30

65 / 1027 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free